So-net無料ブログ作成
検索選択

彼岸花咲いて [花]


連休明け…
気分も天気もスッキリしない一日でした。

この時期、あちこちで目にする彼岸花
blogでも多くの方が綺麗な写真を撮っていますね。

自分も今年こそはと毎年思うのですが…
この時期(9月後半)は忙しいんですよね…いろいろと。

気がついた時には、彼岸花は終わっている。
桜と同じで…遺伝的にはたった一株からの株分けで増えたから?
一緒に咲いて、一緒に終わっていくらしいです。

まっ、みなさまのように美しく撮れる腕もないので…
神様がまだ修行しろと言っているのかもしれません。

今年撮った彼岸花は…これ…

なんだか凄いところに咲いていました。

道路脇の残土捨て場?

どこかから運ばれた土の中に…
たまたま、球根が入っていたんでしょうね。

なんとか茎を伸ばして花を咲かせたようです。

とかく暗いイメージがつきまとう彼岸花ですが…
こうしてみると、やっぱり逞しい生命を感じます。

飢饉の時の救荒植物として…
田圃や畑の畦に植えられていた彼岸花。

その球根が救った生命もあったはずなんですけどね。
今は、土と一緒に捨てられてしまう。

豊かになっていくこの国の将来を喜ぶべきか?
大切な何かを忘れていく人々を哀しむべきか?

何も答えてくれない曼珠沙華。

ダンプの轍に踏みつぶされそうになりながら…

何も恐れることなくまっすぐに空を目指しています。


今日も訪ねてくれてありがとうございます。

今、そこで咲いているあなた…
明日は、もっとやさしい場所に届きますように…
おやすみなさい


nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 14

彼岸花、僕も好きですよ。^^
by (2007-10-10 01:30) 

今年は開花時期がずいぶん遅れました。しかも一緒に咲いて、一緒に終るタイミングも個体間で少しずれて幅がある印象です。開花情報などでも同じような評価をしていたので、全般的な傾向なのかもしれません。みなさんのところはどうだったのでしょう。何もかもを温暖化のせいにするわけにもいかないでしょうが、今年の残暑の影響はあったのでしょうね。詳しい方、教えてください。
by (2007-10-10 07:29) 

selybar

彼岸花はいつも、突然に芽が出て咲く気がします。自分のお産とどっちが早く来るか毎日見ていた遠い記憶が蘇りました。その娘も社会人です。
想い出箱の鍵を開けてくださるGUSUKOさんに感謝!
by selybar (2007-10-10 07:55) 

ミヤ

頑張っている姿が、いちばん美しいです~~~
家でも、庭土を入れて貰ったら、
今年、3本の彼岸花が咲きました(^-^)
by ミヤ (2007-10-10 09:23) 

どこかの造成地から運ばれてしまったのでしょうね・・・
球根なので、移動もできない・・・。やさしい場所へは行けないです(T.T)
来年もここに咲けるといいですね。
by (2007-10-10 09:57) 

春香

 自然が映す「現実」は、何ともいえませんね。。。
by 春香 (2007-10-10 11:30) 

ちょんまげ侍金四郎

うちの花好きの母親は何故か彼岸花だけは駄目だといいます・・・謎です(笑)
by ちょんまげ侍金四郎 (2007-10-10 11:52) 

ヴォイス

ゾッとするような光景ですね、
何故忌み嫌われてきたのか、死に花とかね。
この世の物とは思えないくらいの美しさ、花のつけかただったからでしょうかね。
by ヴォイス (2007-10-10 20:02) 

achami

私も撮り損ないましたーー!っていうか、タイミング良く出会えませんでした!
来年一緒にヒガンバナ、探しに行きましょう〜(笑)
by achami (2007-10-10 20:30) 

タックン

こんな風に 自分に与えられた場所に咲くのが野の花なのでしょうか。
彼岸花は 年々好きになっていくような気がします。
by タックン (2007-10-10 21:28) 

彼岸花って何となく惹かれるものがあるのです…
その存在が何かきっと持ってるのだと思います
私は彼岸花って好きです♪
ポツンと、でもしっかりと根を張って咲いてるのを見ると
とても嬉しくなります
by (2007-10-10 23:43) 

いたちたち

私、彼岸花って名前で呼ぶより曼珠沙華って呼ぶほうが好きです♪
きれーい^^
by いたちたち (2007-10-11 22:05) 

acochan

私は、特に最後の写真が好きです。何か言いたげで・・・。
by acochan (2007-10-12 01:48) 

GUSUKO-BUDORI

こうちゃん >
不思議に印象深い花ですよね…

a-jack さん>
ほんとですよね…
長い間、あたりまえだったことが?
最近は通用しない気がします。

selybar さん>
葉もないままに、いきなり伸びて…
いきなり咲いて終わっていく。
記憶の中でも鮮やかな紅い色でしょうか?

ミヤ さん>
いきなり花が咲いたんですね。
うれしいビックリですね。

こぎん さん>
来年もこの場所があるといいのですが?

夜波音 さん>
そうですね…自然は残酷だったり?
それだけに強いなぁと感じます。

ヴォイス さん>
きっと…救荒植物だからでしょうね?
飢饉の記憶と重なって…どこか忌み嫌う花。
少し可哀想です。

achami さん>
そうですね…
来年こそ一緒に撮れるといいですね^^

タックン さん>
与えられた場所で懸命に…
野の花の強さに惹かれます。

京都のさくらネコ さん>
まず花を咲かせる…
そして周りの草が枯れる時期に葉を繁らせる。
彼岸花は必死に生きる工夫をしてますね。

いたちたちさん>
彼岸花というイメージとは違いますね。
曼珠沙華は(まんじゅしゃげ)は…?

acochan さん>
何か伝えたい…でも?
なかなか伝えられないんですよね…
by GUSUKO-BUDORI (2007-10-12 23:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。